あ、そういう意味? 麻生さんの発言より

 このエントリーをはてなブックマークに追加 TOPSY
話題となっている麻生副総理の「ナチス発言」ですが、ご本人が発言を撤回されました。東京新聞の記事によれば、

「私のナチス政権に関する発言が、私の真意と異なり誤解を招いたことは遺憾である。」
「私がナチス及びワイマール憲法に係る経緯について、極めて否定的にとらえていることは、私の発言全体から明らかである。」

と仰っています。

先の選挙で大勝して、思わず本音がこぼれたんじゃないかとか、民主主義を否定しないと言いながら、静かにこっそり変えてしまえだなんて恐ろしいとか、いろいろと悪い妄想が膨らんでしまっていたのですが、誤解だったんですね。いやあ誤解でよかった。

勝手に誤解したぼくらの方が悪いのに…今は申し訳ない気持ちで胸がイッパイです。撤回までして下さるなんて感動しました。さすが副総理、一時は総理まで務めただけあって器が違いますね。

ローコンテクストな言葉()で明瞭に語ることもできたはずなのに、「ナチス」という危険なワードを選びながら、敢えて抽象的で意味不明な言い方をした発言主の真意を汲み取るべきでした。まだまだぼくらにはリテラシーが足りないようです。

だからぼくらみたいなもんは、これから「静かに議論」されるであろう(まさかされないわけはないですよね?)自民党の改憲草案の条文も、誤解しないように、真意を汲み取りながら寄り添って読み解かないといけないですね。まさか草案まで撤回して頂くわけにはいきませんし。


小田嶋隆さんが、一連の騒動について書いておられます。
麻生さんの「真意」のゆくえ - 小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」

さすがですね。「ナチス」という単語と、現在の自民党の性癖を結びつけて、やっぱりお前ら普段からソウイウコト考えて(企てて)いるんだろと邪推しまくっていた単細胞なぼくと違って、たいへん冷静に判断を保留されています。

たしかに、麻生さんに対してもともと良くない印象を抱いていれば、悪意に解釈してしまうし、もともと良い印象を抱いていれば、善意に解釈してしまう。そういうクセが誰にでもあります。

同記事より
どうしてこんなにかけ離れた読み方になるのかというと、どちらの読み方も、麻生さんの心中を忖度し、彼が言葉足らずで言っていなかった部分を補った上で解釈したものだからだ。
つまり、普通に読んだら意味がわからないので、読み手の側が、解釈を発明しているわけなのだ。

では、本当の「真意」は、どこに宿っているのであろうか。

わからない。
というよりも、普通の読解力を持った普通の日本人が素直に耳を傾けて自然に「真意」が伝わってくるのが本来あるべき演説の姿なのであって、聴き手の側が一生懸命になって解釈しないとその「真意」が読み解けないような演説には、そもそも価値が無いと考えるべきなのだ。とすれば、わからない演説については、わからないままで放置するのが正しい態度なのである。


波紋を呼んだ第一報から2日ほど遅れて発表された、発言の全文とされる朝日新聞の記事を読んでみると、なるほど意味不明です。ほんとうに、これが政治家の発言かと思うくらい、理路整然としておらず、脈絡の無い言葉の羅列。これでは「読み手の側が、解釈を発明」せざるを得ないのも無理はありません。

全文を読んでも解釈ができないなんて、あんたリテラシーが欠如してるんだよ。
というお叱りの声も聞こえてきそうです。ですが、今回の麻生さんの件が提示している「リテラシー」とは、「断片だけの報道に惑わされずに、落ち着いて発言の全体(前後の文脈)を読んで、その意味を解釈する」という意味ではなく、「どうがんばっても解釈できない場合もある」という選択肢も「リテラシー」の中に可能性として入れておいてくれ、という意味での「リテラシー」ではないか、という小田嶋さんの見解に同意します。

ひょっとしたら麻生さんの発言は、講演というよりも、ポエムなのかもしれません。

作品から「意味性」を意図的に排除するという手法は芸術の分野などでよく見られます。アンディ・ウォーホルは「僕を知りたければ作品の表面だけを見てください。裏側には何もありません」と述べています。芸術家としての内面を排そうとしたのが彼の作品ですが、そういった彼の態度それ自体が芸術としての意味を付与されて解釈されているのは皮肉なことです。

人はそこに「意味」を求める。

だからおもしろいんですけどね。解釈がひとつしか無くて、作家の意図通りに読まれなければならない作品なんて、おもしろくない。これはどういう意味なのでしょうか、とポエムの言葉一言一句についての真意を作者に尋ねてしまうような「解説」があるとしたら、それは野暮です。そんなことはふつうしない。解釈を読者に委ねるからこそ、作品はゆるやかに大きくなっていくからです。解釈は受け手の数だけ存在する。アウトプットされた時点で、作品は作者の手を離れるものだとすら、ぼくは思っています。


もともと「意味性」を排したポエムなのですから、本人にその真意を問いただすのは野暮です。ましてや、麻生さんは作品を回収したのですから。あれは世に出せない程度のシロモノだったと気づいた(周りからそう言われた)のでしょう。

しかし、そうなると、発言を撤回した際の発言と矛盾してきます。
「私の真意と異なり誤解を招いた」という発言からは、私の真意(作家の意図)が存在しており、その通りに解釈されなかったのは遺憾である、という態度が読み取れます。さらに「私がナチス及びワイマール憲法に係る経緯について、極めて否定的にとらえていることは、私の発言全体から明らかである」として、ぼくのように無教養な人物のために、作品の読み方についてまで指南されています。

ということは、麻生さんは誤読されたくは無かったということでしょうか。作品は作家の意図通りに読まれなければならないという考えなのでしょうか。
だとすると、あれは「意味性」を排したポエムでは無かったと。まさか、政治的な発言だったりするんでしょうか。もしこれが「政治的」な発言だったとするのならば、様相が変わってきます。対外的な意味合いも出てくる。

読み手の想像力にまかせるというのは、文学とか芸術の領域です。政治家が政治的な発言をするならば、ローコンテクストな言葉で語ったほうが、真意は伝わりやすい。情緒やノリでなんとかなるのは国内が相手の場合だけです。国際社会ではそうはいかない。「真意」はどこにあるのかなどという禅問答よりも、他国からどう見られるか、どう受け取られるかという「評判」のほうが外交では重いわけです。たとえそれが「意味性」を排したポエムであったとしても、政治的な立場からなされた発言は、「相手に解釈されたもの」が、相手にとっての真実になってしまう。いかようにでも解釈できるような、抽象的で曖昧な言葉を多用するのは、もともと伝えたくないのか、あるいは能無しかのどちらかでしょう。

しかし、これは不思議なことなのですが、政治家とりわけ与党議員の国会答弁などを見ていると、抽象的で曖昧な言葉が、まるでファミレスのマニュアルみたいにくり返される場面が多いことに気づきます。解釈の余地を残して、その場を濁しておけば、後から官僚の意図通りにコトを遂行できるからですね。官僚主導とはそのようにして行われるものであり、だから長らく官僚の作文を読んできた自民党の先生方はポエム(作文マニュアル)をお持ちなのです。

「官僚主導」から「政治主導」という改革を訴え、政権交代を成し遂げた政党がかつてありました。彼らは「情報公開」を党是とし、ローコンテクストな言葉で政策を人々に伝えることによって「政治主導」を体現するはずでした(少なくとも彼ら自身はそう言っていたように記憶します)。しかし彼らは政権につくことで失速しました。鳩山さんは、ローコンテクストな言葉と作文マニュアルの間で揺れ続けました。ブレまくりだとの批判を受けて、その後に続く執行部が選んだのは、なんと作文マニュアルでした。かくして彼らが発する言葉は自民党と変わらなくなりました。

日本語とは、そもそも「「聞き手」の想像力を頼りに会話をする。相手任せの言語である。」と池谷裕二さんは指摘しています(カタカナ英語でいいんじゃない?)。移ろい行く季節や、細やかな感情の機微など、行間の意味さえも聞き手の感性に依存するのが、日本語を育んできた日本の風土であるとしたら、論理的な議論の場において誤読されることが少ないクリアカットでローコンテクストな言葉は、日本にはそぐわないのかもしれません。敢えて争点をぼかし、けっきょく何を言ってるんだか分からなかった自民党が、情緒やノリだけで大勝するのですから。

こまごまとしたことはどうでもいいから、なんとなくやってくれそうな人が、やってくれそうなことを言っていればいいのです。それを読んだ人々がそれぞれ勝手に忖度して、解釈を発明するのです。それをいちいちポエムの発言主に言葉の意味を問いただすような真似は野暮だと見なされるのです、たとえば共産党みたいに。それが日本の「政治」なのです。

・・・いままではね。

もし、政治のことを、テレビや新聞の中の出来事から、自分の暮らしや身体、いのちの側に引き寄せようと思うならば、政治の言葉を自分の手元に引き寄せなければなりません。自分の生活や、家族や、はたらき方や子育て、生き方と向き合って、それを言語化して社会との関わりを説明しないといけない。それは、自分を主語としてローコンテクストな言葉でなされるべきです。有権者ひとりひとりが、そういった「自分の言葉」を持つようになったときに、はじめて「政治的議論」がスタートするでしょう。夢みたいな話です。


あ、そういう意味? 麻生さんの発言より

あ、そういう意味? 麻生さんの発言より 2013.08.02 Friday [政治・メディア] comments(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加TOPSY









url: http://yamachanblog.under.moo.jp/trackback/559
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...