『フィンランド流イクメンMIKKOの世界一しあわせな子育て』、『コウノドリ』、そしてぼく自身の出産立ち会いについて

 このエントリーをはてなブックマークに追加 TOPSY
フィンランドのイクメン事情 ミッコ・コイヴマー氏の記事より

これ、とてもいい記事だと思います。
「イクメン」という言葉がない国フィンランド―ミッコ・コイヴマー駐日フィンランド大使館参事官に聞く"世界一幸せな子育て" - ハフィントン・ポスト


(画像はハフィントンポストより©大河内禎)

まあ、ぼくが北欧ラブなオタクであることは差っ引いて考えなければならないとしても、にしても、北欧における子育ての記事を目にするたびに、ぼくはため息が出てしまうのです。なにも北欧を無条件に礼賛したいとか、駐日フィンランド大使館のゆるキャラ「フィンたん」から袖の下を握らされたというわけではありませんが、なんというか、「憧れ」の気持ちですかね、素直に尊敬しちゃう。こういう社会が形成されているという事実に。

この記事では、フィンランド政府の子育て支援が充実している理由として、男女平等に対する意識を挙げています。フィンランドでは、「男性も育児をすることは普通なこと」。ミッコさんのように妻と協力して育児をする男性がとても多いそうです。なぜなら、「フィンランド人男性は男女は平等であると考えており、子育ての権利や責任についても公平に分かち合うべきだと考えている」から。
フィンランドは「世界で3番目に女性が参政権を得た国であり、世界で最初の女性議員が誕生した国」であり、「国会議員も5割近くが女性」なのだそう。

「男女平等」という視点、たいへん重要だと思います。

以前、クーリエジャポンの「ノルウェーの幸せな母親たち」という特集について紹介しました(北欧の子育て事情を支えるもの)。同記事の中でとりわけ印象的だったのが、この文章。

保育園の受け入れも、父親の育児休業も法律で保障されているこの国の根底にあるのは、男女が同じように働き、同じように家事をすることが、合計特殊出生率の上昇につながるという共通認識だ。


3児の母でもあり、現在の出生率上昇に大きく貢献したというノルウェーの女性大臣は「いま私たちが手にしている権利は、政治的決断の結果です」「男女が平等な社会を実現させるための政策は、経済を潤す石油よりも大切です。」「私たちが実現した政策は、社会の接着剤のような役割を果たしているのです。男女が同じように家事を行えば、離婚率が下がり、出生率も上がるのです。」と語っています。

この大臣の発言はとてもユニークですよね。男女が同じように家事を行えば離婚率が下がり出生率も上がるだなんて、日本だったら笑われるかもしれない。でも実はそれこそが核心なんじゃないかと思います。

日本の男性にとって「子育て」は異次元の世界であり、妻にお任せの場面があまりに多く、「自分とは関係ない」世界になってしまっていることが多かったと思います。戦後日本のロールモデルでは、父親が子育てにタッチすることは少なかった。核家族化が進む中で、お父さんは会社で夜遅くまで働き、お母さんがひとり育児に奮闘するのがふつうだったわけです。右肩上がりの成長を続ける日本企業の、年功序列や終身雇用といった企業制度が、ある種の社会保障的な役割を果たしていたという側面もあります。

しかし社会構造の変化とともに共働きがデフォルトになってきたにも関わらず、人々の意識にあるロールモデルがまだ「働くお父さんと家事をするお母さん」から抜け出せないために、いろいろな歪みが生まれているのだと思います。共働きでなければ生活が成り立たないような現在の日本の社会構造の中で、年功序列や終身雇用といった企業制度が崩れ、社会保障も杜撰であるならば、子どもを持つことによってリスクと負担が増えるということを考えれば出生率が下がるのは合理的に考えて当然のこと。もはや右肩上がりの経済成長など望めないのは明らかであるから、ロールモデルを書き換えなければならない。

・・・はずなのですが、いまの日本では子育て世代が少数派であるらしく、子育てに関する社会保障を手厚くするのは難しいかもしれません。子ども手当の処遇をみれば、それは如実に表れている。じゃあ、日本はこのまま「子育てしにくい社会」を堅持していくのか。政府が打ち出す子育て支援策が、ことごとくママたちから総スカンを食うのはなぜか。

ノルウェーの大臣は、なぜ男女平等な社会が出生率上昇につながると思ったのか。デンマークでは、なぜ買い物に行っても赤ちゃんを乗せたベビーカーを店の外に置きっぱなしにできるのか。北欧の充実した社会保障はいったいどこから生まれているのか。



ハフィントンポストの記事を読んで、ミッコ・コイヴマーさんが書いたという著書も読んでみました。そのタイトルはどうなの、というつっこみはさておき。



フィンランドにおける育児についてのコンセンサスは、同国での男女平等に対する意識の高さに由来するという、先述の記事を読み、フィンランドの育児事情とりわけ政府による財政支援の内実を詳しく知りたいと思って本書を手に取った人は(って、ぼくもそうですが)、ちょっと肩すかしを食うかもしれません。

本書は、フィンランドにおける子育て政策がどのように変遷してきたか、またその根幹となる男女平等に対する意識はどうやって培われていったのか、などについてはあまり紙面が割かれていません。ある程度、北欧の社会制度について興味のある人であれば、すでに知っているような内容が多いので、入門編といえるのかも。

その代わり、ミッコ・コイヴマーさん自身が父親になっていく上での体験談が本書のメインになっています。ミッコさんがどのように妊娠・出産と関わり、育児休暇をどのように過ごし、どのように子育てに関わり、何を感じているのか。パーソナルな内容ですが、そのぶん男性として共感できる部分も多く含まれています。というか、実はパーソナルな体験こそが大事であって、ミッコさんのような考えの人が多いからこそ、フィンランドの子育て政策が立案されていくわけです。

とはいえ、フィンランドの男性も昔からイクメンだったわけではなく、ミッコさんの親世代あたりはフィンランド人らしくシャイで寡黙ないわゆる「男性的」な男性が多いそうです。社会的にも始めから男性の育児休暇に寛容だったわけではなく、80年代後半には有名企業のCEOが「育児休暇をとる男性従業員は、職場に復帰すべきではない」と発言するなど現在とはまったく価値観の異なる社会だったとか。
それがなぜ、この数十年で男女の定義やアイデンティティについて大いなる変化があり、子供やパートナーへの愛情を大っぴらに示すようになり、「男性も育児をすることは普通なこと」となったのでしょうか。

(そのまんまですが、)子育てに携わるようになったから、だと思います。
すなわち、「男女が同じように働き、同じように家事(育児)をすること」です。

ミッコさんは以下のように語っています。
『フィンランド流イクメンMIKKOの世界一しあわせな子育て』より
子どもが生まれる前なら、男女はふたりの個人でいられます。しかし子どもが生まれたら両親は「チーム」となり、互いに助け合わなければなりません。


男性がこのことに気づくこと。身にしみて体感すること。
それが「イクメン」の第一義的価値であり、その結果として、「父親は子どもと一緒にいたいと思っている。今日のフィンランド社会はその考えを受け入れ、奨励さえしている。」という流れにつながっていくのだと、ぼくは思っています。

一般的に、“労働”に対する「たいへんさ(苦労)」と「やりがい(幸せ)」は、日本では老若男女にとてもよく認識されています。苦労は買ってでもしろとまで言う。けれども、“子育て”に関する「たいへんさ(苦労)」と「やりがい(幸せ)」はあまり認知されていない気がします。やってみないと分からない。ぼくも自分が子どもを持つまで、子供にまつわることなんて、ほとんど何も知りませんでした。自分が子を持ってみて、はじめて知る世界のなんと多いことか。視界がまるで違う。

ぼくは自分の子が生まれるまで、自分が子供を持つなんて想像もできなかったし、他人の子供にもほとんど関心がありませんでした。ところが、子供が生まれることで一変しました。生まれ変わったと言ってもいいかもしれない。子供の存在がこんなに愛しいものだとは知らなかったし、育児がこんなにしんどいということを身を以て知りました。そうすると、妻との連帯意識が強まったのはもちろん、ふしぎなことに他人の子も可愛く思えてくるようになり、親への感謝の気持ちも生まれ、いろいろなことに寛容になりました。それまで無関心だった政治のことを考えるようになったのも、子どもがいたからです。目の前で日々じぶんのちからで成長していく我が子のすがたを見ていると、ああ、世界をつくっていくのはまぎれもなく自分自身なんだと気づかされるし、そうして、未来の子どもたちが暮らす社会をつくるのが、いまの一票なのだと初めて知りました。



出産と向き合う 漫画『コウノドリ』より

子育ては、自分自身の弱さと向き合うことでもあります。

見たくないけど、そこにあるものを見ないといけない。
自分が思い描く台本通りになんか何ひとついかない。
子育てはそんな日々でもあります。

雑誌「モーニング」で連載中の『コウノドリ』という漫画が話題になっています。産科医を主人公にした、妊娠・出産がテーマの漫画が男性誌で連載されているというのも、時代の流れだなあと思いつつ。



こちらで第4話まで試し読みできます。ハンカチをご用意してご覧下さい。
コウノドリ / 鈴ノ木ユウ - モーニング公式サイト - モアイ

「出産は病気ではない。だから通常の出産に保険はきかない。産科医療は怪我や病気を治す訳ではない。なので通常の出産に産科医は必要ない。だが、何かが起こりうるから産科医は必要なのだ──。」

命が生まれるということが、いかに奇跡的なことであるか。
医療技術の進歩により、「何かが起こった」場合の赤ちゃんの命が助かるケースも増えました。しかし出産とは、もともと母子ともに生きるか死ぬか、文字通り命がけの出来事です。
そんなことを、ぼくがいくら力説したって説得力ありません。10ヶ月間、自分のお腹の中で新しい命と、そして体重と、アップダウンする精神と対峙し続ける母親が持つリアリティ。鼻の穴からスイカを出すとか、鬼の金棒をぐりぐり回しながら尿道から出すなどと形容される出産の痛みに比べたら、男性が浮ついた言葉で飾り立てたキレイゴトなんて、お花畑に毛の生えた程度のものでしかない。

上記『コウノドリ』試し読みの中で印象的だったシーン。



授かった第一子が無脳症だという事実に直面した夫婦は、夫と妻がそれぞれ極限まで思い悩み、苦しみ、すれ違っていきます。「まかせるよ。産むのはお前だから。」夫のこのセリフが、妻にとってどれほどショックであるかは言うまでもありませんが、男性ってこういうことを言ってしまいがちでもあります。見たくないものを、見ないようにする。見たくないものからは、目を背ける。それを正当化するためにあれこれ理屈をこねる。現実と向き合うのが怖いほど、男とは理論武装をしたがるものです。ぼくも自身の胸に手を当ててみればそういう傾向がある。だから、このシーンにどきっとした。自分を戒める意味でも、そう思います。

母親にとってお腹の中の新しい命が「私の赤ちゃん」であることに異論は無いし、その世界観において男は到底かなわない。と同時に、「私達の赤ちゃん」でもあるという事実。女性のように、自らの体内で鼓動を感じることは出来ないし、それを実感することはなかなか難しいことでもあります。パートナーと寄り添うことで、少しずつ育んでいくしかないのだろうなと。



ぼく自身の出産立ち会いについて

ぼくには現在、3歳の息子と1歳の娘がいます。2度とも出産に立ち会いました。上の子は予定日ぴったりで、陣痛室から13時間での出産、下の子は予定日から数日遅れて陣痛室から2時間ほどでした。幸運にもどちらもフリースタイルでの自然分娩で、ぼくの唯一の仕事はへその緒を切ったことぐらいです。あとは、ほんとうに、一緒に「居ただけ」です。

出産時にビデオカメラを回すという行為が、ぼくには理解できないので(それ後から観るの?)それは無しにするとしても、のたうちまわり続ける目の前の妻に対して、何かしてあげられる、役に立つことがある、と思ったら大間違いです。何もできません。薄暗い陣痛室で十数時間、何もできません。じゃあ立ち会いなんてしなくてもいいんじゃないか。理屈で言うとそうなりますが、そうじゃない。

何もできない無力な自分と向き合うこの時間こそが、出産立ち会いの意味なんじゃないかとさえ思います。


第二子出産の翌日に、ぼくは以下のようにツイートしています。

陣痛の耐えがたい痛みに苦しむ妻を目の前にして、夫に何ができるか。はっきり言うと、何もできない。余計な手出しをするとかえって邪魔になるくらい。でも、何もできないのと何もする気がないのは違う。何もできないのにそこに居続けること。

何もできない自分を嫌というほど見せつけられること。それが出産立ち会いの大きな経験になっている。

何もできないこと。だったらはじめから何もしないということと、何もできないけどそこに一緒にいること。あるいは実際に何かをしてあげることが、相手の望むことなのか、それとも何もできない自分を誤魔化すための行為だったりはしないか。寄り添うということの意味。

(ツイート引用ここまで)


「イクメン」とは何か。子供の面倒をみることか。家事を手伝うことか。たしかにそれも重要です。子育てに決まった型があるわけではないし、役割をどう分担するかは、それぞれの夫婦で決めればよいことです。ミッコさんは、フィンランドでは「男性と女性の定義と役割は自由でフレキシブルである」と語っています。
いちばん大事なのは、そういったことを通して、夫婦で協力し合って子育てに携わることで、子育ての空気を「共有」することだと思います。いままで「母親」だけに過剰に偏っていた「育児のこと」を、夫婦が一緒に考えていくことが、いちばん大事だと思います。

上の世代からは「なよなよ」しているように見えるかもしれないけど、病院の産科で見かける若いパパのやさしそうな雰囲気は、決して「弱さ」の現れってわけじゃないだろうと思うんです。べつに、女性や子供に迎合しているわけじゃない。そうしたいからしているのです。



フィンランドではどうしてイクメンが多いのか。なぜ、フィンランドの父親は子どもと一緒にいたいと思っているのか。「(子育ては)とても大変です。自分の自由時間は、ほどんどないです。でもその代わりに日々、成長して学んでゆく子供を愛することは、とても楽しいです。子育ては大変な仕事ですが、代わりはありません。」というミッコさんの言葉に集約されていると思います。

『フィンランド流イクメンMIKKOの世界一しあわせな子育て』より
僕の人生に息子と娘が登場したからというもの、彼らなしの人生は想像できなくなりました。子どもたちが生まれる前の自分を想像することは、思い出すのも難しいくらい。仕事が終わった後の自由な時間はどう過ごしていたんだろう?エリサと僕、ふたりきりの生活はどんな感じだっただろうか?いま思えば、その頃の自分はいまとはまったく違う人間でした。


子供が生まれることで、女性は変わるとよく言われます。
それは、男性も同じなのだと、ぼくは自分自身の体験からそう思います。

第一子が産まれたその瞬間。
なんだか分からないけど、ぼくは涙が止まりませんでした。嗚咽といっていい。生まれたばかりの赤ちゃんも、痛みに耐えぬいた妻も、愛おしくてしょうがなかった。命が誕生する瞬間の、あの空気を夫婦で「共有」したこと。それから、その日の夜にはじめて3人で「お泊まり保育」したこと。ぼくにとってあの体験が、子育ての原体験になっています。



『フィンランド流イクメンMIKKOの世界一しあわせな子育て』、『コウノドリ』、そしてぼく自身の出産立ち会いについて

『フィンランド流イクメンMIKKOの世界一しあわせな子育て』、『コウノドリ』、そしてぼく自身の出産立ち会いについて 2013.07.30 Tuesday [子育て・教育] comments(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加TOPSY









url: http://yamachanblog.under.moo.jp/trackback/551
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...