ショッピングモールとパティ・スミスと漂白される時代

 このエントリーをはてなブックマークに追加 TOPSY
先日、イオンモールについて思うことをつらつらと書きました。ぼく自身、考えがまとまっていないままに書いたので、何を言いたいのかよく分からない文章になったなあと思います。イオンモールはつまらないと言いながらも、便利なのはたしかであり、実際にけっこう利用しているわけで、そのあたりの矛盾をどう消化したらいいのか自分でも分かりません。

現代において、ショッピングモールの存在は重要であり、若手論客を中心にして「ショッピングモール論」とでもいうべき論考がなされているそうです。震災前に刊行された、東浩紀さんの『思想地図β』創刊号もショッピングモール特集でした。個人的には、『ラーメンと愛国』で抜群の情報収集力と編集力を見せてくれた速水健朗さんのこの本を読んでみたいと思っています。

現代都市と、いまどきのショッピングモールは、少しずつ姿を変えながらにじり寄る関係にあり、近い将来、どこまでが “都市” で、どこから先が “ショッピングモール” なのか分からなくなってしまうだろう。つまり、ショッピングモールについて語ることは、現代の都市について語ることでもある。


ネットの時代だと、書籍を読む前についつい書評を読んでしまうことが往々にしてあるわけで、本書についての書評ブログをいくつか読みました。

ショッピングモールから都市論の深みにはまってみる - 風観羽

上の記事で、筆者は「かく言う私も、ショッピングモールと聞けば、ファスト風土化(大型店やチェーン店などが郊外に進出することで、その地域の個性が失われてしまう現象)の印象が強く、「地域共同体を崩壊させ、地域の特色をなくし、グローバルな大資本の横暴を象徴する存在」というようなネガティブな概念が思い浮かんでくる。」と語っています。ぼくが、前の記事で書いたのもほとんどそういう内容でした。ショッピングモールは忌み嫌われている存在であり、だからあまり真面目に語られることが無いという指摘は、なるほど自分もそうだなと。

しかし、速水さんの言う通り、現代の都市について語るときにはショッピングモール抜きでは語れないという時代になっているのかもしれません。

上記、風観羽の記事より
従来より利便性があがり、賑わいがあり、センスもよい環境につくりかえられている場所が増えていることは間違いない。私自身、胸に手をあてて自らに問えば、その恩恵を十分に感じている自分がいる。(中略)ショッピングモールを中心に開発された場所は、『ファスト風土化』で語られるような荒涼とした風景というよりは、『安全』、『清潔』、『バリやフリー』、『テーマパーク的な面白さ』等のキーワードが似つかわしく、より一層洗練されてきている印象が強い。


イオンモールはつまらないと文句を言いながらも、便利なのはたしかであり、実際にけっこう利用している自分がいるという矛盾がここにあります。グローバル化を嘆きながらも、ユニクロで服を買い、AmazonでCDをポチる自分がいる。

風観羽の筆者は「単なる『グローバル化批判』や『新自由主義批判』で使われる分析装置では、この違和感をすくいとることはできそうもない。」と言っています。そこで「身体的・動物的な共感可能性」なるものが出てくるのですが、まだ速水氏の『都市と消費とディズニーの夢』を読んでもいないので、ここまで理解の範疇が及びません。はたして「グローバル化」以外の視座からショッピングモール問題がクリアになっていくのか、たのしみです。


もうひとつ書評ブログより。

都市と消費とショッピングモール - 町田の独り言

この筆者も、同じように前置きをしながらも、ショッピングモールがもたらす景観の変化についてこう述べています。

私自身は昨今の、何もかもがピカピカ光ったようなショッピングモールの “明るく清潔な空間” というものに、どうしても馴染めないでいる。それよりも、「裏町」 とか 「場末」 と呼ばれるような、 “暗くさびしい” 空間を残している街の方が好きなのである。

(中略)

ショッピングモールというのは、そのような街の再開発の “総仕上げ” みたいなところがある。そして、確かにそれは、新しい 「消費」 と 「雇用」 を生み出す。だが、そこで必ず何かが失われていく ( … と私は思っている) 。
 
一言でいえば、それは 「街の陰影」 である。街というのは、人々に 「安全」 と 「清潔さ」 と 「快適さ」 と 「治安」 を保証しなければならない。しかし、それと同時に、どこか 「いかがわしい」 場所や、ほのかに 「危険な香り」 が漂う場所が残っているという、微妙なバランスの上で街というものは成り立っている。
 
ショッピングモールは、その 「陰の部分」 をきれいに拭い取っていく。だからそこには 「退屈さ」 しか残らない。さらに “美学的” なことをいえば、そこには 「デカダンス」 がない。

そういう “不健全な” 嗜好は、あまり多くの人の共感を得られないだろうと思っているから強く主張する気もないのだけれど、ショッピングモールの景観は、そういう私の嗜好の正反対にあるから、「嫌い」 なのである。


ぼくは、この感覚に「ああ、そうなんだよなあ」と共感します。それはもしかしたら、都市計画というタームでは測ることのできない問題なのかもしれない。この筆者の言うように、「それは、生活感覚や価値観の問題というより、趣味の問題である。生理的な問題といってもいい。」なのかもしれません。いわば性癖ですね。

『都市と消費とディズニーの夢』 では、都市そのものがショッピングモール化しているという事実を、事例を挙げて紹介されているそうです。いくら建築家や学者たちから忌み嫌われようとも、都市がショッピングモール化していくのは、他でもない「消費者」からの要請であり、それは避けられない趨勢なのだと。

それに対する、筆者の見解にも共感しました。詳しくは上記ブログ記事を読んでみてください。たぶん、速水氏が「ショッピングモールの愛好家」であり、このブログの筆者が「ショッピングモール嫌い」であるからなのでしょう。ああ、もうこの書評を読んでしまったら、このバイアス抜きでは本書を読めなくなってしまったな…。


前の記事にも書きましたが、あらゆるものを「消費」文化のものさしで測ろうとする傾向っていうのは、ほんとうに感じるし、想田さんが指摘するように、「おまかせ民主主義」とはつまり「消費者民主主義」であるという観点で、日本の政治のダメさも説明できると思います。

ショッピングモール問題について考えるということは、「消費」文化について考えるということであり、それは「都市景観」はもちろんのこと、それだけじゃなくて、あらゆる問題につながる現象なのだと思います。

フクシマ論』の著者である社会学者の開沼博さんが、下記のような連載を執筆していました。

開沼博 闇の中の社会学 「あってはならぬもの」が漂白される時代に ダイヤモンド・オンライン

開沼さんは「売春島」「偽装結婚」「生活保護受給マニュアル」「援デリ」など、タブー視される世界を取材することで、私たちがふだん見えないフリをしている「闇の中の社会」を描いています。『「あってはならぬもの」として社会からきれいに“漂白”されてしまった「ムラ」の中にこそ、リアリティはある。』のではないかと。


ショッピングモールは、人々に「安全」と「清潔さ」と「快適さ」と「治安」を保証し、人々の「消費」への欲求を満たすことを徹底的に追及して作られた施設です。それと同時に、ショッピングモールとは「漂白された」場所でもあります。作り手も、売り手も、買い手も、「個人」を見えなくさせることによって円滑なコミニュケーションが成立している世界です。時代は確実に「漂白される時代」へと向かっているというのが現実でもあります。

それが良いことなのか悪いことなのかは、簡単には決められない。「闇の中の社会」がすべてでもないし、「漂白された社会」がすべてでもない。どちらも自分の中にある一部だと思います。イオンモールはつまらないと言いながらも、けっこう利用しているという矛盾の中に自分は生きているのです。そもそも、ぼくはどちらかといえば「漂白された」環境の中で育ってきた。この矛盾は、簡単にはクリアにならないでしょう。もともと自分は矛盾した存在であると認識したほうがいいと思う。


唐突に話が変わりますが、昨夜ツイッターのTL上でパティ・スミスのカバー盤の存在を知りました。『Twelve』というアルバムで、ジミ・ヘンドリックス、ティアーズ・フォー・フィアーズ、ニール・ヤング、ローリング・ストーンズ、ビートルズ、ジェファーソン・エアプレイン、ボブ・ディラン、ポール・サイモン、ドアーズ、ニルヴァーナ、オールマン・ブラザーズ・バンド、スティーヴィー・ワンダーという錚々たるロック・レジェンドの名曲ばかりをカバーしたという逸品だそうです。ニルヴァーナ「Smells Like Teen Spirit」のカバーがこちらで聴けます。いいですねー。ロック好きなら感涙なのでは。

で、このアルバムを紹介しているブログの方が、これまた共感することを書かれてまして。

ロック好きの行き着く先は…より
やっぱりパティ・スミスという人は暗くて重い。…が、ロックって暗くて重くないとダメなんだよね


そうなんですよ。ロックって、基本的に暗い奴がやらないとダメなんです。クラスの中で進んで学級委員長になりたがるような明るく元気な優等生がやるものじゃない。落ちこぼれの、鬱屈した、うじうじした少年が、やむにやまれず表出させてしまった音っていうのがロックなのだと、ぼくは思っています。

ショッピングモールがきれいに拭い取っていった「陰の部分」が、ロックにはある。逆に言うと、陰のないロックはロックじゃないと思います。

この記事にも書きましたが、ピート・タウンゼントは、「ロックンロールは、別に俺たちを苦悩から解放してもくれないし、逃避させてもくれない。ただ、悩んだまま躍らせるんだ。 」という至言を残しています。永遠のカウンターカルチャーとしてのロックが、ぼくは好きです。蒼臭かろうが、それだけでぼくにとってはロックはロックたり得る理由になる。そのきわめて「個人的な」衝動の中にしかロックは存在しないんじゃないかと、ぼくは思っています。

そして、それはやっぱり「漂白される」ショッピングモールとは相性の良くない存在であるだろうなと。パティ・スミスがイオンモールのひな壇で歌ってたら、ぼくはひっくり返ります。ああいう場所にはAKBが似合う。それって、やっぱり性癖の問題ですよ。生活感覚や価値観の問題というより、趣味の問題。AKBが似合うような「清く正しい」空間っていうのが、落ちこぼれの、鬱屈した、うじうじしたオジさんは苦手なんです。

そんなことをぐだぐだと考えながら、パティ・スミスのアルバムをポチります。ネット通販最大手のあのサイトで…。

ショッピングモールとパティ・スミスと漂白される時代

ショッピングモールとパティ・スミスと漂白される時代 2013.06.26 Wednesday [妄想] comments(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加TOPSY









url: http://yamachanblog.under.moo.jp/trackback/545
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...