対米追従とは、誰に対する追従?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 TOPSY
たぶん誤解している人も割と多いような気がするので、「対米追従」という言葉についてふと思ったことを。

日本の外交政策(あるいは内政さえも)というものが、自民党時代から「アメリカに忖度する」という価値軸で動いてきたことは、もう衆知の事実と言っていいですよね。ベストセラーとなっている孫崎享氏の『戦後史の正体』を読んでみるとそのことが頷ける逸話ばかりです。民主党による政権交代が果たした唯一の成果とは、そのことを明らかにした点にあります。慣れない政権運営による迷走ぶりのおかげで、逆説的にその事実を如実に物語った(当の民主党自身ですら、その総括ができていないという有り様ですけれども)。

年次改革要望書を廃止するなど、「対米自主」路線を打ち出した鳩山由起夫元首相が「最低でも県外」という言葉を守れずに辞任したことは、まさにその象徴であって。普天間をめぐる鳩山氏の態度がアメリカを怒らせたのだ、という見方はある程度当たっていると思います。けれども、アメリカが直接的に介入してきたのかどうかはちょっと分からないとも思う。普天間の移設に関しては、アメリカそのものが抵抗したというよりも「アメリカに忖度する」日本の人々が抵抗勢力となったと考えたほうが自然です。鳩山氏自身や米メディアは「普天間移設問題で、官僚からの激しい抵抗があった」と語っています(参考)。
アメリカに楯突いたことで鳩山氏が孤立し辞任に追い込まれていく様子を横で見ていた菅直人氏が「何をやっちゃいけないのかを学習した」ことは想像に難くありません。彼が首相になってからの民主党は「アメリカに忖度する」政党へと変貌してしまいました。そういえば、唐突にTPPへの交渉参加を持ち出したのも菅氏でしたね。「国民の生活が第一」という民主党の党是はこのとき捨て去られてしまったわけです。その後も子ども手当をはじめとするマニフェストは次々と後退、野田首相にいたっては財務省の傀儡と化しマニフェストにも無い消費税増税に政治生命をかけると言い出しました。

「国民の生活が第一」という政権交代時の姿とはまったくの別人になってしまったことが、民主党の最大の裏切りなのです。いつまで経ってもそのことが総括できない民主党にはもはや存在意義がありません。(だから生活の党は分離したわけであって、かつての民主党を受け継ぐのは生活の党であるにも関わらず、そのことは全く衆知されていないようで、先の衆院選での大敗という結果には愕然としてしまいます。)


というわけで、前置きが長くなりましたけれども、日本の外交問題とは「アメリカに忖度する」という態度に帰結されると、ぼくは考えています。大手マスコミはそんな説明をしてくれませんけれども、ツイッター等ではそれは当たり前の事実としてある程度の人に認識されているはずです。共産党もそうですね。

そうすると、「アメリカに媚び諂うのはおかしい」「対米自立だ」「独立だ」ってなるじゃないですか、ふつう。対米自立だ大事だというのは、それはその通りだと思うんですが、一方でなんか引っかかる違和感もあって。アメリカはけしからん、ってアメリカだってそんな単純じゃないだろうというか。

アメリカの大統領っていまオバマですよね。



オバマと安倍首相が会談をすることは、アメリカという国と日本という国が話し合うということを意味する。それはそうですよね。それと同時に、安倍首相が日本の多数派の意見を代表しているとは限らない。TPPに関する共同声明はけっきょくのところ曖昧で意味不明でした(参考:舟山やすえ議員による質疑書き起こし)。勝手に国の行く末が決められていくという感覚がものすごくあります。
そして、それはアメリカ側だってそうだろうと思うんです。一国の長が財界に支配されるという構図はたぶんどこの国でもそんなに変わらない。オバマは、TPPに関しての決定権を持っていないという話まであります(参考)。オバマがTPPについてよく分かっていない、あるいはそこまでいかなくともオバマにとって日本という存在がそれほど大きなプライオリティを占めていないであろうということは想像できます。先日の日米首脳会談では、野田氏のときですらあった共同会見も夕食会も無く、安倍首相は冷遇されていたといいますがタカ派の安倍氏とオバマは馬が合わないということなのかどうか。日本にかまっているほど暇じゃないってのが本音じゃないでしょうか。

もともと民主党選出のオバマは黒人初の大統領であり、マイノリティを体現する存在であるように感じます。それまでアメリカを支配してきたWASPの力が以前よりも弱くなっているということなのか、あるいは単に人口比率的に移民層がマジョリティを占めるようになったからなのか、分かりませんが、昨年末にオバマが再選を果たしたということは、アメリカの多数派は「リベラル」を選択したということ。
国民皆保険を訴え医療制度改革を果たそうとしているオバマは、(象徴的な意味での)マイノリティ側の人間であり、であるがゆえに多方面からの抵抗に遭っていることは想像に難くありません。そう考えると、オバマは国内の抵抗勢力から圧力を受けながらそこそこがんばっているのではないかと。雇用改善の兆しもあるそうで(参考)、すぐに辞めてしまった鳩山氏とは対照的です。国のしくみを変えようと思うならば、長いスパンで見ないといけない。


さて、日本はまた自民党政権に戻りました。十八番である「対米追従」路線を突っ走っています。それはもう衆知の事実であると考えます。

それでは「対米追従」とは、誰に対する追従なのでしょうか?
「アメリカに忖度する」って、いったい誰に「忖度」しているのでしょうか?
オバマ?そうかなあ。
アメリカを代表する者って誰なんでしょうか。民主党?共和党?悪徳ペンタゴン?軍産複合体?WASP?ヒスパニック?

日本の対外姿勢を批判する際に「対米従属」とか「対米追従」ってよく言います(ぼくもよく使います)が、これも安易な使い方を続けるうちに意味の無いレッテルと化してしまわないように注意したいのです。

「対米追従」=「対オバマ追従」ではないと、ぼくには思われます。敢えて言うならば「対アーミテージとかマイケル・グリーン追従」のことじゃないでしょうか。岩上安身さん主宰のIWJが「第3次アーミテージレポート」全文翻訳を掲載しており、日本の政官財各界がこのレポートに書かれた米国からのアジェンダを忠実に遂行しようとしていると指摘しています。安倍さんの対外姿勢って「知日派(知日派ってなんだよと思いますが)」マイケル・グリーンの言うままですし(参考)。

つまり日本が「忖度」しているのは、アメリカ大統領でもなく、アメリカ全体を代表する誰かでもなく、対日本担当のアメリカ人ってこと。その担当者にどのようなバックグラウンドがあり、アメリカの「どの部分」を代表しているかは、とても重要ですよね。ぼくみたいな一般人が裏を取ることは不可能なので眉に唾をつけつつ読むとしても、この記事などはたいへん興味深いです。

これも想像にすぎませんが、オバマは没落しつつある極東の一国にかまっているほど暇じゃないので、対日戦略に関してはアーミテージやマイケル・グリーンら「知日派」の面々に任せきりになっているのでは。その結果、ジャパン・ハンドラーたちが好き勝手しまくっているのでは。

孫崎享氏によれば、「ジャパンハンドラーという人々は必ずしも米国政治の主流の人々でない」「日本の重要性が相対的に後退し、産軍協同体のみが強い関心を持つ異例な中でこの人々が力を持っている」とのこと。「鳩山追い落としが進行した中、(アメリカ側で)擁護に回った人々もいた。これらの人々と連携を組めなかったのが残念であった」とも。
日米同盟、ジャパンハンドラー、アーミテージ 孫崎 享氏 - Togetter

「アメリカ」という括りで、あの国を一緒くたにしないほうがいいと思うんです。アメリカの政治=大統領というイメージがあまりに傑出しているため、そのようなイメージを抱いてしまいがちだけども。そうでないと、対立する相手と共闘する相手、自立する箇所と忖度する箇所を取り違えてしまう恐れがある。オバマがどこまで信頼できる人物なのか未だよく分からないけれども、悪い人には見えないんだよなあ。


蛇足になりますが、これと同じことが、対アジアについても言えるわけで。新大久保などで行われている嫌韓デモの何が問題かというと、あれは韓国に対する抗議活動というよりも単なるヘイトスピーチのまき散らしであり、その罵声が、長年日本で暮らしている焼肉屋のおばちゃんであったり日本で生まれ育った在日二世や三世に対して向けられているという点にあります。「朝鮮人」という括りで一緒くたにして、韓国政府に対する抗議と、市井の在日コリアンへの鬱憤晴らしをごっちゃにしている。そんなものはデモでも何でもなく、ただの差別です。

世界は国境によって分断しているわけではない。ぼくらの間に埋め難い溝をつくっているものは何なのか。前のエントリーにも通じることですが、安易な二項対立というレッテルに騙されずに、辛抱強く考えていく必要があると思います。ま、あくまでも極東の国から見た個人の妄想にすぎませんけれども。





追記(3/13)

大統領になる前のオバマは「500万人の失業者をもたらしたNAFTAのような自由貿易協定では雇用を守れない」として保護貿易寄りのスタンスを強調していました。その彼がいまTPPに対しては、どういう立ち位置であるのかはよく分かりません。現地ではどのようにふるまっているのか。アメリカと日本を行き来するジャーナリスト堤未果さんが、ぼくの疑問に答えてくれました。

堤未果さんのツイートより
確かに上院議員時代と選挙キャンペーン期間はNAFTA批判の急先鋒でしたが、大統領に就任して最初の仕事はウォール街救済(TARP)、その後は公約を次々に翻しています。TPPは一般教書演説でもわかるように強力に推進の立場ですね。@singstyro #TPP


うーむ。オバマがいい人であるという印象は変わりませんが、それと大統領としての仕事ぶりはまた別問題です。勝手な幻想を抱くのも、ちょっと置いておくことにします。


対米追従とは、誰に対する追従?

対米追従とは、誰に対する追従? 2013.03.06 Wednesday [政治・メディア] comments(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加TOPSY









url: http://yamachanblog.under.moo.jp/trackback/513
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...