息子がマダニに刺された

 このエントリーをはてなブックマークに追加 TOPSY
2,3日前、息子とじゃれ合い後頭部を触った際に、なんかゴミみたいなものが付いてるなあと気づいたのですが、息子が遊びに夢中でちゃんと見せてくれなかったのと、なんかくっついてて取れなかったのでかさぶたか何かだろうと思い、そのまま失念していました。

昨夜、妻からも同様の指摘を受け、ああ、あのかさぶたかと思いながら、息子が寝た後にふたりでよく見てみました。じっくりと観察してみると、なにやら米粒大の白い肉塊のようなものが、皮膚に刺さっているのか皮膚から浮き出ているのかわかりませんが、くっついているようでした。引っ張ってみると頭皮も一緒に引っ張られて取れそうにありません。いちばん気になったのが、頭皮と肉塊の境目あたりから髪の毛のような触手のような黒いものが見えていて、それが動いたような? 気持ち悪い、なにこれ、ムシ? と疑う気持ちと、まさかそんな訳ない、そんなものが2歳の息子の頭に刺さって寄生しているはずがないと思いたい気持ちが交錯して。じゃあ脂肪瘤みたいなもの? だとそのうち取れるのかな、どうなんだろ、あわわわわ、となりつつ、とにかく明日の朝、かかりつけの小児科に行って診てもらおうということで就寝しました。
ちなみにその時撮った写真がこちら(キモいのでリンクにしました。見なくてもいいです。)あ、そうそう、当の息子は自分で見えないせいもあるのでしょうが、ぜんぜん気になっていない様子だし、すこぶる元気です。

翌朝さっそくかかりつけの小児科へ。いちばん乗りで到着するも、なんと奇遇にも昨日からネット予約が始まったとのことですでに10人待ち。セブンイレブンに行きたい(?)と言う息子をなだめつつ、ようやく診察の順番が回ってきて診てもらうも、先生は「なんだこれ?」と。ダニかもしれないねぇと言いつつもよくわからないので、専門の皮膚科で診てもらった方がいいと紹介状を書いてもらい、市立病院へ行くことに。

セブンイレブンに行きたいと言う息子をなんとか誤摩化しつつ市立病院へ。紹介状の患者を優先して診察しますとの表示があったものの、たっぷり待ち時間があり、おとなしく待ってなどいるはずのない息子は小児科の待合室で流れるアンパンマンのビデオに目もくれず走り去ろうとします。仕方がないので院内併設のドトールでソフトクリームを食べたり(隣席のおばちゃんにかわいいねと言われる)、正面玄関の外に出てタクシーを眺めたり(警備員のおじいさんに二コっとされる)、駐車場まで散歩したり、なんとか息子の機嫌が悪くならないように時間を潰しながら付き合う間も、ぼくはあの米粒がムシかもしれないという疑惑が大きくなり、いち早く診てほしいと不安でいっぱいでした。

けっきょくお昼近くになり息子が眠たくなってきた頃にやっと診察の順番が。皮膚科の先生は、米粒を見るやいなや、開口一番「あ、これはマダニだね」。それから図鑑みたいな図版でマダニについて説明してくれました。マダニは、宿主の皮膚を刺した後にギザギザの歯を差し込み、吸血する数日間は簡単には離れないようにするのだそうです。そりゃあ取れないはずです。これを無理に取ろうとすると、一見取れたように見えても皮膚内に口器が残ってしまう場合があるとのこと。マダニに刺されること自体はそれほど危険ではないけれども、そこから派生する感染などの合併症が危険なのだそうです。昨晩、無理に引っ張らなくてよかった。なんかすごい独特のノリでオヤジギャグをちょいちょい挟んでくる変なおじさん風の先生でしたが、さすが専門職は違うなあと感心し、ちょっと安心しました。

ぐぐったらその辺りのことが書いてありましたので紹介しておきます。

吸血されたときの対処(ヒトの場合) - Wikiより
一度口器を差し込んだマダニは、吸血が終わるまで1 - 2週間程度は体から離れない。そこで無理にマダニを引き抜こうとすると、体液の逆流を招いたり、体内にマダニの頭部が残ってしまう可能性がある。細菌感染の恐れがあるため、マダニを発見したら出来るだけ早く皮膚科を受診したほうが良い。場合によっては、切開してマダニを除去するほかないが、それが一番確実である。また、マダニが体から自然に脱離した場合でも、マダニを捨てずに保存し、念のため皮膚科を受診する。皮膚科以外を受診すると、上記感染症の症状をインフルエンザなど風邪の症状と誤診される場合があり、大変危険である。


その後さっそく処置することに。
患部周辺の髪の毛を切り、局部麻酔、マダニ除去、周辺皮膚切除、縫合という流れのようです。髪の毛を切られて何事が始まるのかと訝る息子に「ムシさんをやっつけるんだよ」と教えると、わかってるんだかわかってないんだか、なにやら機嫌はよい様子。息子の頭にムシが刺さってるだの、局部麻酔だのという現実を目にして、親のほうが切ない気持ちになってきちゃって。ママが抱っこして「すぐ終わるからね。先生もパパもママもいるから大丈夫だよ」と言うと、「ケイタ、がんばるね」と息子。その健気な台詞に、ママ涙。パパも涙。

そしていよいよ局部麻酔。パパがしっかりと抱っこして、看護士さん3人と先生が取り囲み、患部である後頭部やや下部へ注射。さすがにその瞬間は大泣きで力が入り暴れようとするので思いきり抱っこで固定。注射が終わってもしばらく泣き続けると思ったけど、ママが抱っこして看護士さんが新幹線とアンパンマンのおもちゃを持ってきてくれるとすぐに泣き止んだ。けろっと遊んでる。あんたすげえな。

その後、しっかりと虫の除去、皮膚の切除、縫合が完了、息子は飴玉をもらった。除去したマダニも見せてもらったが、息子は興味のない様子で、もっと飴玉よこせと言ってる。あんたすげえな。なんだか親のほうがハラハラドキドキしちゃってるようで、今日の息子はとてもたくましく見えたのでした。抱っこしてほっぺすりすりしたいです。

同じ時間を共有したママのツイートも転載しておきます。

今日は大変な一日でした…。

昨夜家族に教えられて気づいたのですが、息子の後頭部に米粒大のニキビ?おでき?脂肪瘤?の様なものがくっついている。

色は白くて、皮膚にめり込んでいる。息子が眠ったあとに夫と2人でひとしきり観察したあと、その部分を引っ張ってみたけれどガッチリくっついていて取れない。息子も痛そうな様子なのでそのままにしてかかりつけの小児科に朝イチで行くことに。

で、今朝朝イチで小児科に見てもらったけれど、先生が判断できないとのことで、総合病院の皮膚科に紹介状を出してもらい、そちらで診てもらうことに。

あっちでもこっちでも長い待ち時間に耐えつつ、専門医にみてもらった結果はなんと…、マダニ。虫が息子の頭にかじりついて寄生していた…。

私はまさかのその診断に鳥肌と恐怖で固まってしまった。医師によるとここ数日で同じような患者が数人続いたと。

そして、何はともあれ虫を切除する処置を行うことに。頭に局所麻酔の注射を打って、患部の虫を引っこ抜き、周辺の皮膚を切除すると。

その局所麻酔の注射は大人でも痛いというシロモノで、先生以下5人の大人で息子を抑えつけて注射することに。30秒の辛抱だとはいえ、あまりに不憫で不覚にも私は涙が出てきた。

私は息子の手を握ってやるしかできない中、処置は始まり、息子はママ〜と泣き叫びながら痛みに耐えた。

その後、虫の除去、皮膚の切除、縫合と続き、時間的には15分程度で全てが終了。

息子は先生方の予想よりもはるかに我慢強かったようで、みんながよく頑張ったとほめてくれた。我が子ながら、ほんとによく耐えたと思う。

あとは抗生剤を飲んで、来週に抜糸すれば治療は終わるようだけど、ほんとに即日に処置してもらえて良かった。迷わず医師に診せて良かった…。



ちなみにマダニで画像検索すると、グロ画像がわんさか出てきます。いやいやいやいや、刺さってるお姿がまるでSF映画のCGかと思うくらい現実離れしていて気持ち悪いです。いろんな種類のマダニがいるんですね。興味のある方は覚悟してご覧ください。これらに比べたら、息子の頭に付いていた米粒はかわいいほうかもしれませんが、あの夜に観察した患部の映像がフラッシュバックのように思い出されて気分悪いです。てめえこの米粒野郎、よくもうちの子に!という気持ちになります。

皮膚科の先生によると、最近マダニに刺された患者が多いんだよねとのこと。うちの子の場合、最近とくに山に行ったわけでもないのですが何処で被害に遭ったことやら。とりあえず、山に行く時には長袖ということと、米粒がくっ付いて取れない時は無理に剥がさないで皮膚科へ行くということを学びました。




追記(5/25)
本日無事に抜糸が完了しました。マダニはもし刺されたとしても、感染症になる確立は低いとのことなので、闇雲に怖がる必要もないかもしれません。ただ、見た目がね…。

息子がマダニに刺された

息子がマダニに刺された 2012.05.18 Friday [食・生活] comments(2)
このエントリーをはてなブックマークに追加TOPSY
Luna (2013.01.31)

偶然こちらに出会い、早朝トイレで臨場感溢れるリポートを手に汗握りながらトイレでハラハラドキドキ読ませていただき、最後は涙と笑いで幸せな気持ちになりました。
ご両親のあたたくて深い愛情に守られてケイタくんも幸せですね。
我が家のおチビちゃん達もグロダニが喰いつかないように警戒しなくっちゃ。
素敵なBlogに出会ってハッピーな一日になりそう♪感謝♡"

山やま (2013.01.31)

トイレで(笑)
マダニによる感染症がニュースになってたんですね。怖いですね…。思い出すだけでそわそわして虫酸が走ります。このムシめ!と思っちゃいますね、ムシには悪いけど。ご笑覧ありがとうございました。










url: http://yamachanblog.under.moo.jp/trackback/433
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...