さようなら原発集会とエジプトのデモ 新しい市民のかたち

 このエントリーをはてなブックマークに追加 TOPSY
2011年9月19日、東京・明治公園で脱原発を訴える「さようなら原発」デモが行われました。鎌田慧さん、大江健三郎さん、内橋克人さん、落合恵子さんらの呼びかけで実現し、主催者発表では約6万人が参加。原発の事故に関連した集会では最大規模となったそうです。

大江健三郎さんら脱原発訴え 都心で6万人参加デモ - asahi.com(朝日新聞社)
脱原発で最大規模集会 東京・明治公園に6万人 大江健三郎さんら訴え - MSN産経ニュース
さようなら原発集会:参加の市民「日本全体で考えて」 - 毎日jp(毎日新聞)

ここまで大きなデモが成されたならば、後はもう波状効果的にこの流れが広がっていくんじゃないでしょうか。同じようなデモが続出するかどうかはともかく(フランスみたいにデモが日常茶飯事になることは無いでしょうが)、もはや市民の意識としての脱原発の流れは無視できないでしょう。日本がシフトチェンジする転換点の象徴として、歴史的なデモになったと言っていいと思います。上空から撮影された写真がその規模の大きさを物語っています。


さようなら原発5万人集会 - 毎日jp(毎日新聞)より)

タクシーから顔を出してプラカードを掲げる大江健三郎氏の写真もチャーミングです。


ちなみに同日夜のNHKニュースで、このデモのことが報じられたのはわずか1分程度だったそうです。参加者人数も6万とか3万とか2万7千とか、媒介によって様々に報じられているとのこと。原発が絡んでいると、数字もウソを付くのだということをぼくは今年知りましたので、まあ参加者の人数が水増しされようが矮小化されようが別段気にならないのですが、にしても1分って…。その扱いは無いなあ。いままで日本人がこんなにデモに集まったことがあったでしょうか。このような歴史的な出来事を矮小化して伝えるのは、報道としての時代感覚とか嗅覚のセンスがあまりに無いし、意図的に矮小化していると思われても仕方ないと思うなあ。

もちろんその背景には原発利権の構造もあるでしょう。原発に関する報道、メディアの立ち位置や振る舞いというものを、ぼくたちは震災後に嫌というほど見てきましたから。原発が絡んでいると、数字ですら平気でウソを付くし、まわりくどい日本語での言葉あそびがはじまるという光景。だから今回のデモが正当に報道されなかったとしても、原発絡みなので不思議じゃないです。

と同時に、「デモ」というものに対するメディアの立ち位置もまた原発のそれと同じ構造であるということも言えるんじゃないかと思います。すなわち既得権益側からの立場、見え方で報じてしまうということ。だって、権力側からすればデモなんて「迷惑」で「やっかいな」ものですからね。あって欲しくないわけで。

いままで日本で「デモ」と言うと、近寄りがたい雰囲気がありました。いや、今でもあるかな。

ぼく自身も数年前までは、「デモ」なんて一部のアブない人たちがやるもんでしょくらいに思っていました。じゃあなんでそう思っていたかというと、なんとなくのイメージでしかなかったように思います。よく知らなかったし。ならばそういったイメージはどうやって醸成されていたのかというと、マスメディアによる影響が大きいと思うんです。実際にデモの現場に居合わせたことなんてあまり無いし。マスメディアは「デモ」というものをどのように報じるか、報じてきたか、それをふり返ると一定の方向性が見えてくるような気がします。

デモに限らずなんでもそうですが、報道の仕方、演出方法ひとつでイメージなんて簡単に形成されるわけで、テレビなんかはその最たる装置といえます。たとえばデモを撮った映像のバックにおどろおどろしいBGMやナレーションを付ければ、それを何気なく見た人はなんだかいかがわしい出来事に感じるし、コメンテーター(理性や権威の象徴として存在しているけれども実際には多様なものの見方のほんの一部にすぎないにもかかわらず)の発言ひとつで善にも悪にも印象操作できる。テレビ新聞なんていうものは、情報の提示の仕方が偏ってるのだということに思いを馳せて情報をかいつまんでいれば問題ないのですが、残念ながらメディアリテラシーの行き届いていないこの国では、マスメディアの報じる情報というものがまだまだ大きな影響力を持っているようです。

日本で大規模なデモが起こらないのは、おとなしい国民性だからとか、政治のことはお上にお任せという意識が強いからとか、いろいろな原因があると思いますが、「デモ」というものに対するアヤしげで物騒な「イメージ」があまりに浸透してしまっているからではないかと思います。自分のように理性的で倫理的で道徳的な人間には関係のないあっちの世界の出来事だと思っている人が多いんじゃないか。実際にぼく自身は、そういった「デモ報道」に触れることで、デモの内実をまったく理解することなく、「デモ」なんて一部のアブない人たちがやるもんでしょというイメージだけを受け取っていたわけです、ちょっと前まで。

なぜ日本のマスメディアは「デモ」を物騒なものとして報じるのか。フランスあたりじゃ、ちょっとお茶でも飲みにいく感覚でデモやってますよね(偏見かしら)。でも日本で報道されるデモは、国内に限らず海外のデモでも報じられ方はほぼ例外なく物騒です。これって、トラウマがあるからなんじゃないかとふと思いました。60年代の全共闘であるとか浅間山荘事件であるとか(よく知らないけど)、血なまぐさい過去の歴史をいまだに総括できていないからなんじゃないかと。それがいまだに根っこの部分にあるのではないかと。つまり、全共闘や浅間山荘事件の後、サヨクは完全にマイノリティになった。あれは間違いであった、正しくないものである、というレッテルを貼られた。無いもの、あってはならないものにされたんですね。そういう報じられ方をすることで、そういうものの見方が多数を占めるようになり、それは暗黙の了解という空気となり。そうすると必然的に、サヨク的な運動っていうのは非常にナイーブでどこかヒステリックなもの(であるという共通認識のもとで行われるもの)になってしまった。のではないかと(よく知らないけど)。

ぼくが、リベラル的なものの考え方をするクセがあるにも関わらず、いわゆる日本のサヨク的な言説にずっと馴染めなかったのもどこかに違和感があったからです。たとえば、地方の寂れた集落でたまに見かけるんですが、大きなベニヤ板にペンキで書かれた「○○反対」等の怒りの文字列。あれ、キタナいんですよね。残念ながら、自分たちの住む景観をも壊してしまっているように感じる。angryだけが前面に出ていてpresureが感じられないような、そのような場にぼくは住みたいと思わない。たぶんきっと、実際に意思表示をしている人たちはふだんは善良な人々なんだろうとは思うんです。ただ表現の仕方が、いただけないんじゃないかと。被害者であること自体をアイデンティティにしてしまっている(ように、傍から見ると感じてしまう)ところにぼくは違和感を感じていたんだと思います。

ところが、今回の「さようなら原発集会」は、いままでマスメディアが報じてきたような「物騒で」「いかがわしい」「やっかいな」デモとは違うように感じます。もちろん脱原発に、右も左も関係ありません。脱原発のデモは、自らのイデオロギー正しさを証明するためのものではありません。ふつうの市民が主役になっているという点で、これまでのデモとはまったくの異質であると捉えたほうがいいと思います。

このことは、池田信夫氏もツイートしてました。
今日のしょぼい反原発デモが昔の学生運動と違うのは、かつては知的エリートが闘士だったから社会的インパクトが(よくも悪くも)あったこと。今は老人と情報弱者の暇つぶしで、何の影響力もない。

今回のデモがこれまでと異質であるという点は同意しますが、「しょぼい」とか「暇つぶし」とか言うところに悪意を感じますね。池田センセ、それはぜんぜん違うでしょ。知的エリートが自分のイデオロギーを満足させるための言葉あそびや自己満足じゃなくて、ふだん政治活動にコミットしてこなかったような市井の人たちがデモの主役になったからこそ意味があるんじゃないでしょうか。政治とは生活である、という言葉の意味をぼくは震災以降はとくに身にしみて感じます。生活を守りたいから政治に訴える、というのが当たり前のことだったということを。

脱原発の市民運動には、子を持つ母親が数多く参加しています。子どものいのちを守りたいと思うのは、生き物として親の本能でしょう。蓋し当たり前のことです。にも関わらず、女性は感情的で困るとか、脱原発を叫ぶのはヒステリックな態度だとかいう意見をわりと目にします。まるで自分だけは常に冷静で理性的で中立で合理的で現実的でけっして間違えないとでも言わんばかりに高見に立って他人を見下ろしているような言説が、ぼくは大っ嫌いです。そういうことを言う男は、なんと偏狭なんでしょうか。

子どものいのちを守りたいとか、生活を守りたいとかいうのは、ごく当たり前の気持ちだとぼくは思います。そして、それこそが政治をカタチづくる礎になるのだと思います。生活から離れたイデオロギーの中に政治があるわけではありません。ぼくたちが日々すごす中で感じるひとつひとつの思いの中にこそ政治があるんです。そこから政策が生まれていくはずなんです、ほんとは。そう思いませんか。


震災前の話になりますが、ムバラク政権を倒すきっかけになったエジプトのデモがありましたよね。かの国で起きたデモは、インターネット等の情報が伝えるところによると、ぼくたち日本人が抱くデモに対するイメージとはちょっと違いました。そこにはユーモアがありました。どこか祝祭的ですらありました。

酒井啓子さんによるニューズウィーク日本版の総括がその空気感をとてもよく表現されているので、ちょっと長くなりますが引用します。この空気感に当時ぼくはたいへん惹かれたことを覚えています。

今後どのような変化が訪れるにせよ、今回民衆運動の勝利が、決定的にエジプト社会の政治意識を変えたことは間違いない。

 第一には、普通の人々が体制に挑戦することを恐れなくなったことだ。アラブの長期政権のほとんどが生き延びてきた理由は、現政権が倒れたときに訪れるであろう混乱と変動に、人々が恐怖を抱いたからである。慣れ親しんだコネ関係、暗黙のうちに了解される「超えてはいけない一線」――。長年のゲームルールがなくなったら無秩序に覆われるのでは、と考えて、人々は仕方なく制約を受けて入れてきた。その恐怖が、エジプト人たちの意識から、振り払われたのである。

 第二には、陰謀論的無力感が、消えたことである。国際社会はイスラーム主義台頭の脅威やイスラエルに対する不利益を口実にして、アラブの長期政権の存続を容認している、という陰謀論的な(いや、かなりの部分事実だが)無力感が、アラブ世界では蔓延してきた。だがムバーラクの生き延び口実が説得力を持たなかったことで、何もできないのは国際社会のせい、という諦念感を克服することができた。

 第三には、反体制デモは楽しく参加できる、という例を作ったことだ。退陣を求めてタハリール広場に集まった群衆の映像や動画を見ると、どんなに緊迫した状況でも歌ったり踊ったり、とても楽しそうである。まるで「20世紀少年」で群集が「グータララ、スーダララ」と歌い集うシーンのようだ。「ウィーアーザワールド」的な作りの画像の、歓喜の歌もある。

なによりも、参加者が非暴力に徹していた。トルコのMilliyet紙がデモ隊の笑えるシーンを特集していたが、ヘルメット代わりに頭にペットボトルを乗っけたり、ビール瓶を運ぶプラスチックケースを被ったり、果ては交通標識を盾に使ったり、身を守るのに武器ではなく知恵と工夫を駆使する様子が微笑ましい。

 そのことは、第四に、恨み辛みが運動の原動力にならなかったことにつながる。独裁体制が追い詰められたとき、多くの場合、反対者たちは過去の弾圧の記憶を総動員して、独裁者に報復を図ってきた。かつて最も弾圧されたものが最も報復の権利があるのだ、といった心理が、反政府運動のあいだに働く。このことは、その後の権力抗争を「旧体制下での被害自慢合戦」という不毛な戦いに陥らせやすい。だが、今のエジプトは、そうした「被害者の報復」感からは無縁である。

最後に、そして最も重要なことは、政府を追い詰めるために集まった人たちが、そのまま権力を目指そうとしていないことだ。冷戦時代の「革命」では、右も左もイデオロギーを掲げた人々が自らのイデオロギーを政治に実現しようと、政権を目指した。イスラームがすべての解決だと考える人々は、社会運動からイスラーム体制の実現を目指した。しかし、今回タハリール広場に集まった人々は、変化が確認できたら家に帰るだろう。大統領の椅子に座ることではなく、家族が待つ暖かい我が家に帰る。体制を転覆しても、新しい体制の権力を握ることには関心がない。

 つまり、人々は簡単に、楽しく政府批判をし、祭りが終わったら家に帰るけれども、「祭りの後」が夢見たものと違っていたら、また簡単に政治批判に立ち上がる―─。今後のエジプト政権が相手にするのは、そういうことを経験してしまった「新しい」市民である。暫定政権が現状維持、改革の先延ばしを選んで、「結局何も変わらなかった」ことにしたいと思ったとしても、祭りの楽しさに覚醒した人々を相手にしていかなければならないことを前提とすれば、やはり新しい政治にならざるを得ないはずである。

エジプト:祭りの後、でもまたいつでも祭りは起きる - 中東徒然日記 | ニューズウィーク日本版より


とくに感銘を受けたのはこの一節です。
「今回タハリール広場に集まった人々は、変化が確認できたら家に帰るだろう。大統領の椅子に座ることではなく、家族が待つ暖かい我が家に帰る。」

ぼくはここに今回の東京のデモと重なる部分を感じます。子どものいのちを守りたいとか、生活を守りたいとかいう、ごく当たり前の気持ちが原動力になっている。イデオロギーの対立ではなく、市民が市民としての権利を正当に行使するために立ち上がっている。繰り返しますが、生活から離れたイデオロギーの中に政治があるわけではありません。ぼくたちが日々すごす中で感じるひとつひとつの思いの中にこそ政治があるんです。ぼくにとって生活のベースは「家族が待つ暖かい我が家」です。それを守るために「違っていたら、また簡単に政治批判に立ち上がる」。それは本来当たり前のことですが、この国では長いこと当たり前でなかった。当たり前が当たり前でない社会に於いては「そういうことを経験してしまった「新しい」市民」となるのです。

デモというのは本来、市民の正当な権利のひとつです。日本はいちおう議会制民主主義というカタチを採っていますので、選挙での投票が市民としての意思を示す手段です。しかし、一昨年に実現した政権交代もドタバタ劇のどさくさに紛れて、正当な手続きを経ないでその内実(マニフェスト)を反故にされてしまっています。代議士による間接的な民主主義のしくみそのものが崩壊していると言っていいでしょう。じゃあいったい何が市民にとっての意思表明の手段となるのか。意思を示す手段が、いったいどれくらいあるっていうんでしょうか。世論調査?バカ言っちゃいけません。

「私らは想像力を持たない政党の幹部とか、経団連の幹部に思い知らせる必要があります。そのために私らに何ができるか。私らにはこの民主主義の集会、市民のデモしかないのであります。しっかりやりましょう」(大江健三郎/明治公園のスピーチより)

ぼくは、マスメディアが今回のデモをきちんと報じるかどうかはどうでもいいです(もはや何も期待してないから)。「新しい市民」を相手にするならば必然的に「新しい政治にならざるを得ないはず」です。マスメディアがどう報じるかはもう関係ありません。今回のアクションを「政治家」がどう受け止めるか、彼らのメディアリテラシーに期待するしかないんじゃないかと思います。

デモで全てが変わるわけはありません。市民の意思を表明する手段のひとつにすぎません。でも、大事なアクションのひとつに違いありません。「そういうことを経験してしまった「新しい」市民」なんだから。反対のための反対じゃなくて、未来をクリエイトするための意思表示なんだから。いちど目覚めた市民はあと戻りできません。

さようなら原発集会とエジプトのデモ 新しい市民のかたち

さようなら原発集会とエジプトのデモ 新しい市民のかたち 2011.09.20 Tuesday [妄想] comments(4)
このエントリーをはてなブックマークに追加TOPSY
coupe男爵 (2011.09.21)

デモは時代の「空気」なのです。1959年生まれの小生、小1のときに、家の前を通るデモ隊が「面白そう」だったので、一緒に「水道料金、値上げハンターイ!」とか、ブリキのバケツの底を叩きながら、付いて行ってみたら、水道局長の屋敷の前がデモの終点でした。「河野」って表札に見覚えがあるなあと思い、家に帰ってから「きょうはこんなことをした」と話すと、母親が「そりゃ、あなたのクラスメートのお家よ」と言われてびっくり。そういえばあの娘はお嬢さんタイプだったなあと、今でも生まれて初めてデモ参加した日のことをおぼえています。これは親の転勤で付いて行った福岡県の政令指定都市での実話で、安保をめぐり国会を封鎖した1960年から、まだ数年後にはこんなのどかな市民デモも、各地で行われていたのでしょう。 学生運動の先鋭化と、国鉄の順法闘争が利用者の共感を得なくなった、1970年から5年間くらいの間に、「デモ闘争」が市民の感覚からどんどん乖離していくのが、10代の僕らにも判りました。 2010年代、原発の存否をめぐる危機感から始まった「新しいデモ」は、攻撃や嫌がらせを加えられることは、多分あまりないと思いますし露骨に電力会社が右翼を雇うこともないでしょう。 ただ、デモというのは誰にも判る示意行動なのですが、「メッセージ」を誰に送るのか。メディアというのは本来ものを伝える「媒介・媒体」に過ぎないのですが、これまでのマスコミにバイアスがかかっていたということは、「お金のちから」だったのですが、これは次第に崩壊すると思います。それとデモというものは白けてしまうと「気」が入りません。60ー70年代は、市民の側の生活が弾みがついたように豊かになっていったのです。ですから共感を持てなくなったことも背景にあるでしょう。 大江さんらの古い「智」と新しい世代の「知」が上手く合わされれば、政治を回転させる動力に「新しい火」が入る可能性があると思います。

山やま (2011.09.21)

たぶんぼくらの世代(1976年生まれです)っていうのがいちばんシラけ世代なんでしょうね。政治のことなんてぜーんぜん関心が無かったし、デモと右翼の街宣車の違いもよくわかっていませんでしたので、デモなんて遠い出来事のように感じていました。今思えばそれだけ生活が豊かだったということなんでしょうね。ぼくらよりももっと若い世代は、デモにしても政治にしても変なカッコつけの無い真摯なまなざしで見ている人が多いように感じます。おっしゃるような「新しい火」が入ることを願っています。

こえり (2011.09.21)

池田信夫ってひと、 このひと、ぜーーーーーったい!モテないね!!!

山やま (2011.09.21)

ははは!そこかい笑
でも言えてる。なんかね、震災当初はまだ冷静なことを言ってたように思うんだけど、反原発の声が高まってくるにしたがって、ご高説がはげしくなってるみたいで、なんだかなあ…という感じ。炎上による釣りを狙ってるのではないかという噂も。










url: http://yamachanblog.under.moo.jp/trackback/224
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...