フォーラム山形 映画愛のつながるローカルな文化

 このエントリーをはてなブックマークに追加 TOPSY
脈絡のない話なんだけど、一昨夜、夢にケビン・スペイシーが出てきた。いや、好きな俳優なんですけどね、夢に出てくるほどの大ファンってわけでもないので、なんか印象深くて。その夢は、ジャッキーチェンが出てくるみたいなアクション活劇風でちょいサスペンス風味の物語を俯瞰して眺める感じが続いた後に、それが映画のワンシーンで、ぼくは脇役なのかスタッフなのかわかんないけど舞台裏に居て、水を飲んでたらケビンが出てきて一緒に水を飲んだ。って、それはどうでもいい話なんだけど。映画愛に溢れるケビン。その辺りで目を覚ましたぼくは、なぜかフォーラム山形のことを思い出した。

山形でいわゆる単館系の映画ばかりを上映する「フォーラム」という映画館があった。大手町の路地裏、こじんまりとした場所に位置し、スクリーンは2つ。飲み物の自販機はあったが、売店は映画のグッズのみで、ポップコーンも売ってない(館内は飲食禁止だった)小さな映画館。結婚する前の若かりしぼくはここで妻とよくデートした。10年ほど前のこと。

ほどなく駅隣接の新しいビルにマルチスクリーンの大きな映画館がオープンした。フォーラムと同じ系列の映画館で「ソラリス」と名付けられた。キャラメル味のポップコーンとジュースを片手に、大きなスクリーンに映る派手なハリウッド映画を観るのも楽しかった。しっとりミニシアター系のフォーラムと、楽しいハリウッド系のソラリス。デートの場所(シチュエーション)がひとつ増えた感じで、フォーラムとソラリスが共存した時代はいま振り返ると幸せな時期だった。

いまでもフォーラムという名前の映画館はある。しかし(裏事情はぜんぜん知らないが)おそらく経営者が変わったのであろうか、街中に移転してマルチスクリーンの映画館としてオープンしてからはなんだか別物になってしまった(とぼくは感じている)。まるでソラリスが2つになったような。もちろんフォーラムでは単館系の映画も上映はしているのだけれども、なんというか、かつてフォーラムとソラリスの間にあったはずの差異がなくなった気がする。

フォーラムで観た思い出の映画といえば、えーと、ん?なんかあまり憶えてないな。映画の内容はもとより何を観たかもあまり憶えてない。ミニシアター系の作品を観に行くというマニア心を満たす楽しみもあったし、単純にそういう作品も好きだったんだけど。映画そのものよりも映画を観に行ったという感覚、フォーラムに滞在しているときの質感・クオリアのほうが記憶に残っている。

ぼくはフォーラムの空気が大好きだった。いかにも映画好きが運営してます的な、いつまで経っても接客に慣れない感じのスタッフ(すごくいい人たちだった)も、狭い駐車場も(駐車する場所がなくてよくスタッフの男の子が受付と駐車場間を走ってたのもなつかしい)。手作り感にあふれるパンフレットも(それを眺めながら、次はこれ観ようかなんて言うのも楽しかった)。それから、そこに通う人たちの空気も。べつにお客さん同士の会話はなくとも、映画好き同士の暗黙のルールみたいなものがあった。無視するわけでもなく、干渉しすぎるわけでもないっていう距離感が心地よかった。なんというか、空気が澄んでいたような気がする。

しかし山形で単館系の映画館を続けるのは経営的に厳しかったのであろうか。移転後のフォーラムはスタッフも一変し、広くて綺麗になったが、あの「空気」はなくなってしまった。
※いまさら知ったのだけど、フォーラム山形は市民による1,000万円の出資によって1984年によって誕生した「市民の手作り映画館」なのだそうだ。
History of FORUM - フォーラム山形/ソラリス

つくづく思う。文化というものは「好きだからやる」という人と、そこに通う人たちによって、そのつながりによって自然に形成されるものだと。そういう点ではソーシャルネットワークと相通じるところがある。経営者あるいは制作側から与えられるものを、ただ消費するだけのところには、経済活動は生じても文化は生じない。よしんば生じたとしても定着はしない(カネの切れ目が縁の切れ目になる)。地方都市にグローバル企業が進出し、どこの田舎に行っても同じようなショッピングセンターが並び、全国どこでも同じようなものが変える環境が広がったことと、その地方独自の文化が衰退していったことはどう見ても偶然ではない。

山形市は、大手町フォーラムという文化を捨ててしまった。時代の流れなのかもしれないし、経営的な淘汰という意味では当然なのかもしれない(当時は社会的なことに興味がなかったので移転の事情は知らないが)。かつて芸術家が活動を続けられる背後にはパトロンの存在があったように、文化はマーケットとは必ずしも相入れない。芸術家に経済活動まで求めるのはちょっと酷だと思う。フォーラムという文化を存続させるためには公的な補助が必要だったのかもしれない。それを市民は望まなかった(あるいは興味がなかった)ということであろうか。

いまはただ在りし日のフォーラムをなつかしく思う。毎週のように通っていた独身時代。子どもが生まれてここ数年は映画館に足を運ぶこともなく、DVDはアンパンマンとドラえもんばかりだけど。息子がもうちょっと大きくなって一緒に映画館に行くようになったとしてもアンパンマンとドラえもんばかりだろうけど。老後はまた夫婦で映画館デートしたいね。そうそう、映画を観終わったあとに駐車場まで歩く道すがらに見上げる夜空も好きだったなあ。


フォーラム山形 映画愛のつながるローカルな文化

フォーラム山形 映画愛のつながるローカルな文化 2012.04.09 Monday [いい場所] comments(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加TOPSY

荒井良二さんに出会った

 このエントリーをはてなブックマークに追加 TOPSY
天気のよい日曜日でした。
ママはお仕事だったため、息子とふたりでお出かけした流れでわが家ご用達のパン屋さんメリメロへ。息子お気に入りのミルク棒パンを、店先の木陰が心地よいテラスでぱくぱくと食べておりました。いつも以上に食いつきがよく、あっというまに1個をたいらげてしまったのでもう1個買ってこようかと思っていたところ。お店の前に停まった白い車の後部座席から、いかにも一般人ではないオーラをただよわせた人物が降りてきました。そのままパン屋さんの店内へ。あれ?荒井良二さんに似てたなあと思っていたら、先ほどの車が駐車場に。見ると側面に東北芸術工科大学のロゴ。おお、間違いないじゃん!ってわけでそそくさと店内へ。会計を済ませたところの荒井さんにおそるおそる声をかけました。

あ、あ、あの、あらいりょうじさんですよね?
え、と、山形じゃあにぃも見に行きました。
も、もしよろしければ息子と写真撮っていただいてもいいですか?

っておれ、めっちゃミーハーな上に、息子をだしに使ってやんの。しかし、そんなワケのわからない素人のいきなりのお願いにも関わらず、荒井さんは
「あ、いーよいーよ」
「ん〜、外で撮ろうか」
なんつって、すごい気さくに応じてくれました。とてもフランクに話してくれて息子の頭もなでてもらいました(ような気がするのですが舞い上がっていたのでよく覚えておりません)。めっちゃいい人じゃないですか。

昨年『荒井良二の山形じゃあにぃ 2010』を見に行ったときの息子はまだハイハイでした。荒井さんのおもちゃ箱のような、あそび心に溢れたたのしい展示の数々を家族3人で体験できただけでもしあわせでしたが、それから1年後にまさかご本人に出会えるとは。

で、撮ってもらった写真がこれ。



息子は訳がわからず真顔(笑)でもちゃんとカメラ目線でえらい。ちなみに撮影してくださったのは、先ほどの車を運転していたキュレーターの宮本さん。荒井さんはこの日、山形国際ドキュメンタリー映画祭の一環として、やまがた藝術学舎にて上映の「まわりみち、あしのねいろ」(「山形じゃあにぃ」の制作風景やワークショップの様子をまとめたドキュメンタリー映画)の映画鑑賞とトークのためにいらしたのだそうです。ってそれは後から知ったんですが、そんな忙しい合間にすみませんありがとうございますいい思い出になりました。

荒井さんが去った後も2個目のミルク棒パンとりんごジュースを息子に食べさせながらしばらく余韻に浸り、ああ、「かっこいい大人」だなあと惚れ惚れとしてしまいました。かっこよさっていうのは、たたずまいに現れるんだなあと。なんか颯爽としてるんですよね。


そんな荒井さんが、糸井重里さんと対談したほぼ日の記事がとてもおもしろかったので少し転載します。2010年の対談です。タイトルの通り、荒井良二さんと糸井重里さんは似ていて、それはやっぱり颯爽としてかっこいい大人っていうことになり、そんな二人の対談はやさしくてたのしい。今回引用するのは、荒井さんが、糸井さんが作った絵本『さよならペンギン』に影響を受けたという話。

ほぼ日刊イトイ新聞 - 荒井良二さんと糸井重里は いろいろ似ていた。より
荒井:はい。で、もうひとつ、
すごく影響を受けたのが、
糸井さんと湯村(輝彦)さんの
『さよならペンギン』だったですよ。
糸井:えっ。
荒井:あれは、ぶっ飛びましたね。
で、すごく欲しかったんだけど、
これ、家に持って帰って読んだら、
たぶん、打ちのめされて
自分の絵本がつくれなくなると思ったから
買わずに本屋に置いとこうと決めたんです。
それくらい、ぶっ飛んだ。

(中略)

荒井:明らかに、他と違ってましたからね。
ぼくは、幼児期の絵本の体験っていうのが
まったく記憶になくて、
ほんとに、意識して読みはじめたのが
大学に入ってからなんです。
で、日本の絵本をいろいろ読んでみたら、
やっぱり、教科書っぽいものが多いんですよ。
糸井:全体に、啓蒙的なんですよね。
荒井:そうそうそう。
そこで『さよならペンギン』ですから。
糸井:啓蒙のかけらもない(笑)。
荒井:はい(笑)。
もう、「どかーん!」って感じで。
糸井:ふふふふふ。
ストーリーを簡単にご紹介しましょう。
ええとね、ペンギンが
海水パンツを買いに行くんです。
で、タコに会ったり象に会ったりしながら
いろんな場所に行って、
ようやく海水パンツを買う。
どんな柄かなっていったら、
アロハ柄のパンツだったんです。
こりゃいいぞ、って言って
みんなに見せびらかしに行くんですよ。
荒井:ふふふふふ。
糸井:で、また、あちこちペンギンが行って、
パンツを見せびらかして、
最後は野球場に行くんです。
荒井:そうです、そうです。
糸井:そしたら、バットで打たれてしまって
「ホームラーン」って言って終わるんです。
一同:(笑)
荒井:「これでいいんだ!」と思ったわけですよ。
一同:(爆笑)
糸井:オレもね、どうなのかなと思ってたんだけど、
湯村さんが「いいじゃない!」って言うし、
ひとりが「いい」って言えばもうね、
それでいいのかなって思ってね。
荒井:いや、あの本は、ぼくにとって、
絵本をつくる礎のひとつですよ。
糸井:そんな(笑)。
荒井:いや、ほんとですよ。
絵本をつくるときに、
どんなにはちゃめちゃなことを
思い浮かべても、やっぱり、
絵本をつくるときの
「鋳型」みたいなものがあって、
そこからはみ出そう、
はみ出そうとするんだけど、
どうしてもはみ出ない。
糸井:うん。
荒井:そういうときに、
『さよならペンギン』があると
ああ、これでいいんだぁって
ほんとに思えるんですよ。


荒井さんは自由にものをつくる人だから作品に向かう度にいつもそういうことを考えているのかもしれません。“「鋳型」みたいなものがあって、そこからはみ出そう、はみ出そうとするんだけど、どうしてもはみ出ない。”っていうのは、わかるなあ。べつにものをつくる人でなくてもそういう経験ってあるんじゃないでしょうか。

世の中には、「こうしないといけない」っていうことを教えてくれる大人と、「これでいいんだ」ってことを示してくれる大人がいるのだと思います。どちらが正しいというわけではなく、バランスの問題だと思う。人間ってどうしても惰性でほっておくと現状維持になりがちです。鋳型にはまったほうがラクだし。いろいろなことを「こういうものだ」って片付けちゃえば、ものを考えないですみます。だけど。

いま世間に瀰漫している息苦しさみたいな空気って、「これでいいんだ」ってことを示してくれる大人が少なくなったことと関連しているなあと思います。「これでいいんだ」って人がなるべく出ないように「鋳型」で規制しようとしたり、「これでいいんだ」って人をよってたかって潰そうとする。みんな一緒じゃないと不安なんでしょうか。そのうち「これでいいんだ」っていう発想があることすら人々は忘れてしまうんじゃないかと。

だから荒井さんのように「これでいいんだ」を全身で体現している人に出会うと、かっこいいと感じるんでしょうね。荒井さんにとっての『さよならペンギン』って、あの、なんといいますか、Think differentですよね。ジョブズのこういう言葉につながる。

その他大勢の意見の雑音に自分の内なる声、心、直感を掻き消されないことです。自分の内なる声、心、直感というのは、どうしたわけか君が本当になりたいことが何か、もうとっくの昔に知っているんだ。だからそれ以外のことは全て、二の次でいい。 -スティーブジョブズBOTより


たぶん、いろいろな場面でこういう選択っていうのは誰にでもたくさん訪れていて、それに自覚的であったり自分の内なる声に耳を傾けること。その積み重ねが「かっこいい大人」をつくっていくんだろうなと。その他大勢の意見の雑音に自分の内なる声、心、直感を掻き消されないから、颯爽としていられるんじゃないかな。

ところでほぼ日では、この対談がきっかけになって長らく絶版状態だった『さよならペンギン』が復刻しました(その経緯は「さよならペンギン復刻記」にまとめられています)。復刻までの内情はよく知りませんが、たぶん、おもしろそうだからやっちゃおうぜっていう感じだったんじゃないかなあ。なんか、そういうのいいですね。こういう「ノリのよさ」っていうのも、かっこいい大人のひとつの要素だと思うのでした。

荒井良二さんに出会った

荒井良二さんに出会った 2011.10.12 Wednesday [いい場所] comments(2)
このエントリーをはてなブックマークに追加TOPSY

荒井良二の山形じゃあにぃ 2010

 このエントリーをはてなブックマークに追加 TOPSY
9月19日、山形まなび館にて開催中の『荒井良二の山形じゃあにぃ 2010』に行ってきました。荒井良二さんは山形市の滝山地区出身ということで勝手に親近感を抱いています。

荒井良二の山形じゃあにぃ 2010

荒井良二の山形じゃあにぃ 2010
会場:山形まなび館(〒990-0043 山形市本町1-5-19)
会期:2010年9月16日(木)〜10月31日(日)
時間:9:00〜18:00(月曜休館|但し祝日の場合は翌火曜日)

荒井良二さんの言葉

ぼくが山形を紹介する展示ではなく 山形の入り口を探す旅なんだと思うよ。
これがぼくからいろんな人に広がって みんなの入り口になればと思うけどねー。
山形の人も 山形以外の人も。



会場の山形まなび館は、第一小学校の旧校舎(平成13年に国の登録文化財)を改装した建物。市内に住んでいながら、はじめて訪れました。歴史とモダンがうまくデザインされていて、とても気持ちのよい空間でした。

会場内は、荒井さんのおもちゃ箱のような感じで随所にあそび心が感じられてとてもたのしい展示でした。山形にゆかりのあるということで、荒井良二さんのこのようなイベントに地元で出会えてたのしかったです。企画立案の芸工大チームにも感謝ですね。

作品は撮影NGだったので、廊下であそぶ息子を。
木の廊下はいいですね。



会場では荒井良二さんの絵本も販売しています。

4894325217モケモケ
荒井 良二
フェリシモ出版
2010-05-21

by G-Tools


4902943549meta めた
荒井良二
フォイル
2010-04-30

by G-Tools




荒井良二の山形じゃあにぃ 2010

荒井良二の山形じゃあにぃ 2010 2010.09.24 Friday [いい場所] comments(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加TOPSY

こだわりのそば 楓(天童市)

 このエントリーをはてなブックマークに追加 TOPSY
ワンストップコヤマの大売り出しに行く前に、今年も腰掛庵のかき氷を食べに行こう、と天童へ向かう道すがら。空腹にかき氷ってのも何だから、天童でおひるを食べちゃおうと思い立ち、ああ、確か旨いそば屋があると口コミサイトで見たような・・・記憶を頼りに住宅街をしばしウロウロ。して見つけました、「こだわりのそば楓」。

山形ではおなじみの、民家そば屋。ですが、なかなか立派な家構えで、ちょい緊張しつつお邪魔してみました。開店直後の一番乗りらしく、赤ちゃん連れにもかかわらず、店主さん自らご丁寧にご案内して頂きました。手入れの行き届いた庭を眺めながら、ぽっかりと時間の止まったような空間の中、座敷でゆっくりと板そばを楽しみました。もともと趣味でお蕎麦を打っていたそうで「天童蕎麦6人衆」のお一人なんだそうです。十割の上品なおそばが美味しいのはもちろん、店内の雰囲気や器などにも細やかな気配りが感じられ、とってもゆるやかで贅沢な時間を過ごさせていただきました。なによりも、子連れに対していろいろと気遣いをしていただき、(ケイタもおとなしくしてました)なんだか、幸せな気持ちになりました。

こういう時間を紡ぎだしてくれるお店は、ほんとうに貴重だと思います。マーケティング的な発想からは決して生まれ得ない質の「おもてなし」が存在します。そして、こういうゆるやかな商売が商売として成り立つようになった時に、ぼくたちの暮らす街は、もう少し住みやすいものになるんじゃないかと思います。

こだわりのそば 楓(天童市)

こだわりのそば 楓(天童市) 2010.06.13 Sunday [いい場所] comments(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加TOPSY

腰掛庵の木いちごすぐりみるくかき氷(天童市)

 このエントリーをはてなブックマークに追加 TOPSY
いやあカルチャーショック。
噂には聞いていたが、たかがかき氷と甘く見ていた。

腰掛庵の木いちごすぐりみるくかき氷。
見た目のボリュームに圧倒されて怯みますが
ひとくち食べた瞬間に目が点になった。
・・・こんなかき氷食べたことない。

めちゃめちゃ美味しかった。また行くぞこれは。

腰掛庵の木いちごすぐりみるくかき氷(天童市)

腰掛庵の木いちごすぐりみるくかき氷(天童市) 2009.08.08 Saturday [いい場所] comments(1)
このエントリーをはてなブックマークに追加TOPSY

蔵王ラーメン〜生居川ダム

 このエントリーをはてなブックマークに追加 TOPSY
日曜日は久しぶりにドライブをしようと画策しており
本当は裏磐梯に行く予定だったのだが、天候が不安なため
私たちにとってはおなじみの蔵王へ。この判断が吉となる。

まずはお昼をということで、はじめて蔵王でラーメンを。
事前調査の結果、評判のいい「奥村そば」へ。
タレ入れ忘れたのかしら?と思うくらい薄味のスープだったが
ダシがしっかりしていたので美味しかった。今時500円というのも泣ける。

その後、お釜方面を目指すも、悪天候にて視界不良のため予定変更し(これも吉)、上山の楢下〜こんにゃく番所へ。道すがら脇道に入り込んでウロウロする。
普段は通る機会のない道を通るのが私たちのお気に入り。集落ごとに空気って違うもので、そこに住む人たちの生活を想像するのが楽しい。

楢下に向かう脇道の途中で「花と緑の展望台」という看板に魅かれ
生居川ダムという場所に着いた。が、花も緑も見当たらず。
草ぼーぼーで眺めも別段よくなかった。
もう一度来たいとも思わなかったが、でもなんだか憎めない空間だった。
隣の空き地で近所の人たちがバーベキューしてて。
中学生が自転車で一生懸命道を登って合流してきて。
地域のコミュニティが今も息づいてる場所なんだなーと。
今は草ぼーぼーだけど、オープン当初は住民の期待を背負って賑やかだったんだろうなーとか。





それからうばふところのオープンカフェ(なんとこの日で閉店、次はまた来年!)でラ・フランスのジュースとタルトを食し、こんにゃく番所(ぼくは初訪問)を見物し、公園でキャッチボールして帰宅。

行き当たりばったりで近場をウロウロしただけですが
意外に楽しい休日でした。

蔵王ラーメン〜生居川ダム

蔵王ラーメン〜生居川ダム 2008.10.06 Monday [いい場所] comments(2)
このエントリーをはてなブックマークに追加TOPSY

裏磐梯

 このエントリーをはてなブックマークに追加 TOPSY


土曜日は裏磐梯へドライブ。

まずは念願の「かわにし食堂」で早めの昼食。
ひらまの麺を使用しているとのことで、ほぼひらまに近い。
スープの味がちょっと違うくらい。醤油控えめで塩気が強いかな。
美味しかった。




白布温泉から西吾妻スカイラインを通り、檜原湖へ。
山頂でトイレに寄ったら、ばか虫にたかられる。

どうやらぼくは湖が大好きだ。
緑と水が同時に楽しめるのが嬉しい。
少しだけお散歩して、ハーブ・カフェへ。
花は殆ど咲いていなかったが、ハーブ・ティを飲み
リョウコはハーブの苗を買う。

それから諸橋近代美術館へ。
ダリの作品を常設している美術館なのだが、企画展として
「ダリとピカソ展」をやっていたのだ。
ピカソの線画はやはりチャーミング。
美術館の建物と庭だけでも見ものだった。
7月6日まで開催しているので是非。

裏磐梯

裏磐梯 2008.05.26 Monday [いい場所] comments(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加TOPSY

水芭蕉、蒲公英

 このエントリーをはてなブックマークに追加 TOPSY

鴫の谷地沼 水芭蕉が見頃です 木々の緑はまだ

近所の公園 たんぽぽ 菜の花

他にも、道すがら 芝桜や水仙、チューリップ、花水木の花が一斉に咲いていました。

世の中の色彩がいっきに豊かになって、それだけで
わくわくしますね。春は気持ちいいです。

水芭蕉、蒲公英

水芭蕉、蒲公英 2008.04.30 Wednesday [いい場所] comments(2)
このエントリーをはてなブックマークに追加TOPSY

立ち寄り温泉

 このエントリーをはてなブックマークに追加 TOPSY
村山の「DOLCE」に行く途中。
温泉に入っていこうと思い。
ちょっと今までとは趣向を変えて
旅館の温泉に立ち寄りましょうと
ネットで目星をつけていざ。
初です。
温泉旅館の温泉で日帰りするのは。
少し緊張しつつ、フロントにて
「日帰り入浴をお願いしたいんですけど、大丈夫ですか?」
「大丈夫ですよ」
にこやかな対応に安堵。


で、結論。

ものすごい満足でした。
今回訪れた旅館。
入浴料は1人500円だったのだけど、価格を超える満足感。
こぢんまりとしたお風呂でしたが、木の香りが漂うセンスのいい湯舟で
小綺麗だったし、ちょうどいい時間帯で、ほぼ貸し切り状態だった事もあり、
湯船に浸かりながらにやにやしてしまいました。
(利用できる時間帯が限られているので事前にチェックしましょう)
湯上がりコーナーで飲んだ麦茶も香り高く、全てがラグジュアリー。

まるで旅館に一泊したかのような気分を味わい、
プレミアムなひとときを過ごせました。

これはクセになりそうです。


立ち寄り温泉

立ち寄り温泉 2008.02.10 Sunday [いい場所] comments(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加TOPSY

紅葉(蔵王)

 このエントリーをはてなブックマークに追加 TOPSY
蔵王の紅葉を見に行きました。
坊平で、ミニ・ピクニック気分。



鴫の谷地沼でニルス・ウドごっこをして遊びました。

紅葉(蔵王)

紅葉(蔵王) 2007.10.29 Monday [いい場所] comments(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加TOPSY
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...